これだけは押さえておきたい!和歌山ラーメンの基礎知識

数年前にテレビで取り上げられたのをきっかけに、一躍脚光を浴びた「和歌山ラーメン」。今では博多ラーメンや喜多方ラーメンにも引けを取らないご当地ラーメンとして、その知名度は全国区となりました。
でも実際に「和歌山ラーメンの特徴は?」と聞かれたら、ぱっと答えられる人はまだまだ少ないかもしれません。そんなわけで、「和歌山ラーメンとは何か?」について、簡単におさらいしておきましょう。
まずはスープです。
和歌山ラーメンのスープは、こってりした豚骨醤油です。どろどろで獣臭もする、かなりワイルドな味わい。このニオイがたまらないというファンも多いです。
対して麺は、こってりスープがよく絡んでくれるように細めのストレート麺を使うのが基本。このシンプルな麺のせいもあってか地元では、ラーメンではなく「中華そば」と呼ばれることが多いです。
具はスタンダードにチャーシュー、めんま、かまぼこ、青ネギなど。関西という土地柄もあり、青ネギはやや多めにのせるのがデフォ。
そして忘れてはならないのが、ラーメンと一緒に食べる「早なれ寿司(ばってらの棒寿司のようなもの)」と「ゆで卵」。お店によっては各テーブルに積まれてあって、客は自由に取ることができます。寿司を食べたり卵の殻をむいたりしながらラーメンの到着を待つというわけです。お勘定の時に、何個食べたか正確に自己申告することを忘れずに!