和歌山県の観光スポットを探そう

和歌山で観光をするなら、世界遺産に登録されている高野山が有名です。学校で学ぶ歴史の授業でも高野山のことが紹介され、高野山にある金剛峯寺には、日本だけでなく、世界中から観光客が訪れているといいます。
和歌山へは南紀白浜空港を使い、空からの便で行く方法と、大阪から電車を使って行く2つのルートが一般的です。もちろん、車を使って行くこともできますが、利便性を考えるなら、電車か飛行機で和歌山に行き、和歌山県内でレンタカーを使って移動するのが一番でしょう。
和歌山県へ旅行するときは、季節も考えなくてはなりません。その理由は、和歌山県は台風の上陸回数が日本全国から見ても多く、台風の多い季節に旅行すると、移動が困難になってしまい、台風に足止めされてしまうことがあります。そのため、台風が多い7月から10月に和歌山へ旅行する方は事前に気象情報を調べてから旅行の計画をするようにしましょう。
旅行するとき、観光スポットだけでなく、移動手段から宿泊先と準備しなくてはならないことがいろいろあります。
特に宿泊先選びは重要で、旅館やホテルの印象が、そのまま旅行の思い出につながることもあり、慎重に宿泊先を選ぶと思います。
和歌山で、宿泊先を選ぶときは、周辺の環境、海や山で、それぞれ違った印象の宿泊先があり、選ぶのに迷ってしまいます。
そんなときは、温泉に浸かりたいや、観光スポットに近い、アクセスが便利などの条件で宿泊先を選ぶのもいいでしょう。
また、最近は民宿など、格安で宿泊することができる宿泊施設も多く、一人旅をしたり、家族や友人同士で宿泊が可能な民宿を探してみるのもいいかもしれません。

和歌山の県民食といえば

和歌山県には他の都道府県ではおそらく味わえないであろうグルメがあります。
和歌山県民の誰もが知ってる和歌山グルメといえば“玉林園(グリンコーナー)”のてんかけラーメンとグリンソフトです。
和歌山ラーメンじゃないの?と思われる人が多いかもしれませんがてんかけラーメンはあっさりしたスープにもちもちの麺とトッピングとして、てんかす、わかめ、生姜がのっている一見変わったラーメンです。スーパーでも家庭で作る用のてんかけラーメンを購入することが出来ます。
かなりB級感あふれるラーメンですが一度口にするとやみつきになり忘れられない味になること間違いなしです。
グリンソフトはその玉林園で売られている抹茶味のソフトクリームです。
ラーメンを食べた後にほぼすべてのお客さんがグリンソフトを必ず食べるといっても過言ではないくらい和歌山人にとっての県民食です。味はとてもさっぱりしていて、緑茶感も強すぎず弱すぎずととても良いバランスの抹茶ソフトクリームです。値段も一つ180円ととてもお手頃な値段で食べられます。ちなみに和歌山県内のほとんどのコンビニやスーパーでもグリンソフトを購入することが出来ます。それくらい和歌山県民にとってなくてはならない和歌山グルメとなっています。